家族で憧れの京町家に泊まってまったり

家族で憧れの京町家に泊まってまったり

京町家坪庭イメージ

家族旅行で京町屋に泊まる

京都に家族で観光旅行に行った時に、京町家に泊まってみようということになりました。

私は、北海道以外の地域に住んだことがないので、純和風の建物に凄く憧れがありましたし、戸建の町家を借りて、滞在中だけでも京都に住んでいる気分を味わえるのは魅力的だと思いました。

予約をする前、夫は、古い建物は霊現象が起こりそうだし、トイレや風呂場が古そうだから嫌だと言いましたが、最近の町屋は台所やトイレなどをリノベーションして、きれいにしているので快適に過ごせるとネットで紹介していることを教えて、町家に泊まることを承諾させました。

一棟貸しにチェックイン

予約をした京町家は、東山三条にある白川庵です。チェックインをする時は、2軒隣にあるお餅屋さんで鍵をもらうのですが、和菓子とお茶のおもてなしがあってとても良かったです。

一棟貸しの宿なので、家族3人で泊まっても広過ぎるくらいでしたが、箪笥などの調度品が年代物のアンティークで、どれも趣味がよく素敵でした。

それから、建物の目の前に川が流れているのですが、窓を開けて休んでいると、川の流れる音が聞こえて風流でした。立地も観光をするのに便利な場所でした。

宿泊したのは9月で、まだ気温が高く、北海道人にとっては真夏並みの暑さでしたが、部屋にはエアコンが設置されていたので、快適に過ごせました。

家の中には、坪庭があるので庭を眺めながらアイスを食べたり、お酒を楽しむことができました。また、建物内のアメニティは、普通のホテル並みにしっかり揃っていたので不便を感じることはありませんでした。

それから、建物の設備として自転車があったので、自転車に乗って京都観光を楽しむことができ、便利でした。子供用の自転車もありましたよ。

ホテルと違って観光から帰ってくると、家族だけでまったり過ごせたのでとてもリラックスすることができましたし、子供に日本の伝統文化を見せることができて良かったです。

京都で生活するように宿泊

京町家に宿泊している間は、朝早起きをして知恩院にお参りに行ったり、近所のカフェでモーニングを食べるなど、京都でやってみたかったことが色々できて大満足でした。宿泊費は、今時のホテルに泊まるよりも格安で経済的でした。

2泊しかしませんでしたが、今度は別の京町家に1週間くらい泊まってみたいです。

京町屋は、京都市内に沢山あるので、どの京町家に泊まるかをあれこれ見るだけでも楽しいですね。古い建物は嫌だと言っていた夫も、すっかり京町家のファンになりました。