京町家を改装した高級旅館に宿泊した体験談

京町家を改装した高級旅館に宿泊した体験談

京町屋イメージ

京町家と言えば、京都にある伝統的な町家造りの建築様式の建物です。
京都には多くの京町家が残されていて、風情溢れる通りがたくさんあります。
海外からの人気が高く、京町家に関する情報も数多く発信されています。
京町家の人気は日本だけではなくなったのです。

今回は、京町家を改装して作った高級旅館に宿泊をしたときの体験談をお伝えしたいと思います。

京町家の魅力と特徴

京町家には、多くの魅力と特徴があります。
まず外観ですが、紅殻格子と呼ばれる黒に近い濃い色の格子があります。
シックな色合いで、京町家の顔と言えるものでしょう。こうした見た目から、日本の伝統的な建物の風格を感じさせます。

外壁を犬や猫の排泄物から守るために作られた犬矢来は、竹や木で出来ています。
この垣根は京町家造りの特徴になっています。
見た目にも風情があり、目を引くものになっています。

京町家を改装した高級旅館に宿泊した

京町家を改装して作った高級旅館は、京町家の良さをたくさん取り入れていることがわかりました。
京町家の特徴である格子窓や犬矢来は、旅館の高級さを表すものにもなっています。

濃い色の木材で組まれた格子窓は特に美しく、じっくりと眺めてしまいました。
日本の伝統技術が伝えられていると思うと、そこに日本の歴史を感じます。

高級旅館の内装も、京町家の良さを取り入れていました。
特に私が気に入ったのは、太くて立派な梁です。

むき出しにわざとしている梁は、昔から受け継がれてきた建築様式の美を見せつけているかのようでした。
大変美しく、風情を感じられるものでした。

京町家の旅館ということもあり、女将さんも美しい着物姿で出迎えてくれました。
日本人も嬉しいことですが、海外の人はもっと嬉しい演出だと思います。

部屋には古い木と炭の香りがして、心からリラックスをすることが出来ました。
伝統的な日本の建築様式ということもあり、親しみを感じられてずっとそこにいたいと思ってしまいました。

シンプルな美しさが伝わるような内装でした。
畳に寝ころんで天井を見上げると、美しい木目模様がありました。

日本の伝統と歴史

いかがでしたか?京町家は日本の伝統であり、歴史でもあります。
京町家を改装した高級旅館に宿泊をすれば、より強く京町家を体験することが出来るでしょう。
京町家について知りたいのであれば、ぜひ京町家に一度宿泊してみてください。