京都の町家に宿泊してきました。

京都の町家に宿泊してきました。

京町屋イメージ

兄夫婦と京都に出かける計画を立てていた時に兄があるアイデアを思いつきました。
それはせっかく京都に宿泊するのだから、普通のホテルではなくて、京都の人が暮らしているような宿泊体験をしてみたいとの事でした。

京町屋ホテルに泊まる

それで、ホテルの情報を今まではチェックしていましたが、京町屋の情報をチェックし始めました。
インターネットで京町家の情報をチェックすると町家ホテルというものがあることを知りました。

もし町家に泊ることが出来るなら、一度は京都に住んでみたいというみんなの願いもかなう最高の体験談になると言う事になり、私たち夫婦と兄夫婦の4人で可決されました。

町家を改造して宿泊施設としたものが京都には多数ありますが、私たちが宿泊したのはあんず庵でした。
場所は麹町通りにあり、非常に便利なロケーションでした。

この町家に泊まるにあたっては、京都駅の近くのビルを訪ね手続きをして、その後宿に向かいます。
タクシーで宿に向かいましたが、この町家ホテルは一軒丸ごと貸し出しですので、その場にスタッフさんはおらず、自由に宿を使うことが出来るようになっていました。

まるで京都に住んでいるよう

町屋の作りは非常に興味深かったです。
私たちが最初にしたのは、畳の部屋に座って、中庭を見ながらお茶を飲んだことです。

この町家はそれほど大きなものではありませんでしたが、小さな中庭があり、その中庭を見ながらお茶を飲むと、本当に京都に生活しているかのようなゴージャスな気持ちになりました。

改装されているので、昔の家のような心地よい雰囲気は残されているものの、水回りなどはとても綺麗なので快適に過ごすことが出来ました。

京都の生活を実感する

私たちが気に入ったスペースがありました。
それは一階のホールの部分と2階の和室です。
そのどちらも道路側に接しているのですが、京都に住んでいる人の生活を感じながらそこでまったりと過ごすのが最高でした。

というのも、このあんず庵の周りはホテルではなく、普通に京都の方々が住んでいます。
それで、まさに私達も京都の人になったような特別な感覚がしました。

一番盛り上がったのは、夜中にスーパーマーケットに行ったことです。
そして、それぞれ食べたいものを買って、簡単に調理して、飲みなおしました。その時に使ったのは2階の和室でした。
非常に落ち着いた雰囲気の和室で、日本人として生まれてきてよかったと感じる瞬間でした。

京都にはこのように町家を体験できる施設が沢山ありますので、これからも利用していきたいと思っています。