京町家に宿泊するという魅力とブームと

京町家に宿泊するという魅力とブームと

京都舞妓さんのイメージ

ここ数年で京都に訪れる観光客は大幅に増えました。
特に、外国人の観光客は京都の街中でよく見かけます。
観光客が増えたことはいいのですが、ただでさえ少なかった宿泊施設が足りない、という事態に陥ってしまいました。

民泊と京町屋

それをきっかけに注目されるようになったのが、「京町家」を民泊として利用する方法です。
最近では、京町家を民泊として貸し出して儲けよう、という投資家も出てきていているくらい、人気と注目を集めています。
宿に利用するので京町家ではなく、京町屋と言っていいかもしれませんね。

京町家は元々京都に住んでいる人が生活していた家です。
しかし、暗い、プライベートがないと、人気が無くなり住む人がいなくなって空き家になるという状態が続いていました。

それを増え続ける宿代わりに利用しようと考え、旅館業法の規制を緩くしてから京町家の民泊は始まったのです。
元々改装してカフェや何かの店舗として使用している京町家もありましたが、それがメディアに注目され、人気を集めたことも京町家の民泊が始まった理由の1つかもしれません。

人気の宿泊

京町家の宿泊は日本人だけに留まらず、外国人観光客にも人気があります。
日本の伝統的な家屋に宿泊出来るということ、日本だけでしか体験出来ないからです。

値段も安いものから高いものまで様々なので、利用者の予算の都合に合わせることが出来ます。
何より、家族連れや少人数のグループにお勧めなことも人気の一因となっています。

京町家は京都で生活する家族が住居として使っていました。
そのため、普通に家族が暮らす家と広さは変わりません。
ホテルや旅館と違い何時までには帰らないといけない、という様な門限もありません。
気の知れた人だけで過ごせる、京町家を1棟丸々貸す1棟貸しが最近では主流となっています。

生活する感覚で宿泊する

京町家に宿泊するだけで、まるで京都で日頃生活しているかのような気分が味わえます。
日本に住んでいる日本人でも京町家のような伝統的な木造建築はあまり見る機会が無く、宿泊する機会もありません。
それをリーズナブルな値段で出来るとなれば、日本人はもちろん外国人にも人気が出るのも分かります。
京都にとっては不足している宿泊施設の問題が解決出来ますし、更に人気が集まるので一石二鳥です。

京町家を持て余している人は、民泊を経営してお金が手に入りますしね。
これからも昔懐かしい京都の伝統を味わえる人気の1つとして京町家は生き残っていくのでしょう。