民泊で京町屋スタイルが外国人から受けている理由

民泊で京町屋スタイルが外国人から受けている理由

京町屋イメージ

円安効果、更には元々の日本への興味。そして何より世界情勢が不安定な中で治安水準は未だに高いことから、瞬く間に観光大国としての存在感を高めつつある我が国。

ホテルが足りないおかげで民泊も注目を集めるようになるなど、観光ビジネスが様々な形で盛り上がりを見せるようになっています。

増加する外国人観光客

外国人観光客向けのサービスや、外国人観光客のために外国語表記するお店も増えています。
近年の外国人観光客の特徴は「モノからコト」と言われています。かつて我が国を訪れる外国人観光客は、経済大国である我が国でのショッピングでした。先進国にはどのような物が販売されているのか。

自分の国では見かけないような素晴らしい物を手に入れたい。つまりはショッピングのために訪れる人がとても多かったのですが、近年は少々事情が変わりつつあります。買い物ではなく、日本文化を楽しみたいと考えているのです。体験したい。つまりは「物より事」となっているのです。

それだけに、和を感じさせる文化が人気を集めているのです。
京町屋が人気を集めているのもそのためです。外国人観光客にとって、京町屋は日本だけでしか見れないものです。

文化の象徴的な建築物

日本文化の象徴的な建築物なだけに、他の国ではまず見かけないものです。
日本文化を楽しみたいと考えている外国人観光客にとって、京町屋の存在はとても魅力的なものなのです。

京町屋の風情は日本人であってもどこか懐かしく、情緒のあるものだと感じるかと思いますが、外国人観光客にとってはまさに異文化。
それだけに、ビジネスシーンに於いても京町屋の存在感が高まっているのです。

京町屋をあしらった宿泊施設も見かけます。旅行者にとって何より大切なのは宿泊施設です。国内旅行であればなんとかなると考えられるかもしれませんが、異国での旅行であれば宿泊施設が旅行の拠点です。

京町屋と民泊

ですが観光客が増加傾向にある我が国では、ホテルの数が不足しています。
そのため、民泊ビジネスも積極的に行われるようになっているのですが外国人観光客を意識し、京町屋をモチーフにした民泊施設も登場しているのです。
外国人観光客にとって、異文化とも言うべき京町屋で宿泊出来るとあって、人気を集めているのは言うまでもありません。

政府は今後も観光ビジネスに力を入れていくと明言しているだけに、今後もさらに京町屋の存在感は高まっていくでしょう。
外国人観光客相手にとって、いわばキラーコンテンツとも言うべき存在感なのです。