京町家という建築に感じる魅力と進化

京町家という建築に感じる魅力と進化

京都の庭イメージ

最近京町家という言葉を聞くことはありませんか?

何だろう、と疑問に思う人がいるかと思いますが、京町家とは読んで字のごとく京都にある建築のことをいいます。
京都の古い町並みを思い浮かべてみて下さい。
京都の旅番組などでよく見る古い家が軒を連ねている光景を思い浮かべる人がほとんどでしょう。
それが京町家という建築物なのです。

京町屋の建築

京町家の建築について説明していきます。

京町家は昔から京都に伝わっているデザイン、機能を取り入れたものです。
どうすれば毎日を豊かに暮らせるのか、京都を快適に過ごすための生活の知恵が盛り込まれています。
それは自然と京都の魅力を伝えるような作りになっており、それが今なお京都を魅力的な町に見せているのです。

京町家は昔の家といっても、1950年以前に建てられた家のことを指します。
それもただの建築ではなく、きちんと京都に伝わっている伝統的木造軸組工法で建築された木造家屋でないといけません。
コンクリートはもちろん、ただ木造を使っただけてば京町家とは言わないのです。

この京町家の定義は、京都市によって定められたものになります。
この決められた基準を満たした家のみ京町家として名乗ることが出来るのです。
上記で説飯した基準を満たせば京町家と認められますが、研究では他に色々と定義があり、統一された見解もありません。
とりあえず、京都市が定めたものを満たせていればいいのです。

京町家と言われる建築の一般的な間取りや敷地形状は、間口に比べて奥行きが長くなっています。
これは俗に「うなぎの寝床」や「短冊形」と例えられています。
確かに上手い例えですね。

京町家の見た目は、一文字瓦屋根、格子戸、出格戸、虫籠窓、土壁といった風になっています。
京都といえばこのような伝統的な日本の家屋といいますか、木造の洒落た感じがしますよね。

京都の景観を彩る京町屋

京都といえばきっちり区画された道が有名で、狭い道や狭い路地多いです。
狭い道に面していて、隣の家と軒を連ねている京町家の光景は有名でしょう。
この光景を観光するために、毎年多くの観光客が京都を訪れています。
外国人観光客も京都の美しい京町家の町並みに感動することでしょう。

京町屋のリノベーションと進化

このように、観る人を惹きつける京都の魅力を作っているうちの1つが京町家なのです。
最近では、京町家のリノベーションが流行っているらしく、京町家は更に進化を遂げています。
歴史と伝統が現代風にアレンジされているのです。

さらに魅力的になった京町家を本場で見てみたいですね。