京町屋の建築の特徴と最近の不動産について

京町屋の建築の特徴と最近の不動産について

京都の庭イメージ

日本独自の文化というものは様々なものがありますが、中でも日本家屋というものはどんどん減ってきている割には外国人などの観光でも人気のスポットとなっています。

日本家屋として現在でも残っている街としては京都がありますが、特に京町家というのはまさに日本独自の家作りが残っているので、これが最近また注目を浴びているのです。

この京町屋の建築は古くから存在しますが、現存して残っているものは江戸時代から明治時代に作られたものであり、それが現在まで現存しているというので作りとしてはかなり合理的でありながら、京都ならではの風流を取り入れている文化的なものとなっています。

構造と特徴

京町家の基本的な構造としては「うなぎの寝床」と呼ばれている間口が狭くて奥行きが広く長いものとなっています。
隣家と側面を接しており商工街として職住一体な機能を持ち合わせており、間口が狭いことで通路側に様々なお店を出すことが出来るようになっているのも特徴となっています。

京町家の特徴としてはさらに格子・矢来・出窓・瓦屋根・行燈・看板・敷石・蔵・通り庭など様々な日本独自の設備が揃っています。
二階建てや三階建ても多いのですが平屋も多く、その構造としては盆地である京都での気候に対して快適になるよう風通しをよくする構造や、光を取り入れて風流を取り入れる構造をしています。

これらの建築は時代と共に歩んできたのですが、流石に現代ともなると老朽化などが激しくなってきており、最近だと中古住宅としてのリノベーション化が流行とされています。元々の京町家の古きよき雰囲気を残存させながら、耐震耐久性を備えた物件として新しく生まれ変わっていることが人気となっています。

リノベーション

日本国内での京町家のリノベーション物件や建築が最近では人気になってきているのですが、不動産価値があるものとしても人気ともなっています。

京町家の特徴である土間は特にフリースペースとして利用価値があるために、テナントとして出す際にも大きなメリットとなります。

このようなことから芸術方面でのアトリエなどとしても京町家は人気が高いものとなっていますが、一方でネットワークを使ったテレワークやIT関連のオフィスとしても注目されています。

ニーズと不動産価格

特に京町家としては不動産価格としては1000万円程度のものもあり、しっかりとしたリフォームやリノベーションが必要とされているのですが、日本家屋という希少性のニーズは一定あるので京町家の建築や需要は現在でも人気が高いものとなっています。