今話題の京町家の建物や不動産について

今話題の京町家の建物や不動産について

京町屋内部のイメージ

京町家とは、京都に建てられた町屋です。職住一体型の住居形式で、建築様式としては町家造りと呼ばれています。きょうまちやと読む場合は京町屋とも記されます。

店舗としてみるなら京町屋、住居としてみるなら京町家と表記されることが多いです。歴史的には、店屋と書いてまちやと読んでいました。一方住居を指す町家と言う言葉は歴史的に新しく、昭和初期まで町家(ちょういえ)とは町の集会所のことを指していました。

京町屋の成立

江戸時代中頃には現在残る形に近いものとなりました。外観は、紅殻格子と呼ばれる色の濃い格子、むしこ窓、犬矢来などが特徴的です。2階建てが多いが、平屋や3階建ても存在しています。

町家の立地する敷地は、間口が狭く奥行きが深いため、「うなぎの寝床」と呼ばれています。これは三間約5.4mの間口を一軒役として課税する豊臣秀吉の税制に反発した形状であると言う説があります。

一方、街路に都市住宅、特に併用住宅が建ち並ぶ際には古今東西でこのような細長い敷地の町並みが成立しており、京都に限らずに日本各地においてもその形状が課税のせいだとする説があります。

現存する京町屋

京都市の定義で1950年以前に伝統的木造軸構法で建てられた木造家屋とされていて、現存する京町屋家は、1864年の禁門の変ののちに発生した大火以降に建てられたものがほとんどです。

1998年に行われた京都市の調査によると、市中心部で約28000軒が確認され、市内全域で推計5万軒残っているとされています。

京町屋の現状と課題

2010年8月、京都市が市内全域を対象に京町家の実態調査を行った結果、47735軒残存していますが、うち10%程度が空き家であったと分かりました。

江戸時代の京町家は全体の2%で、明治時代のものも14%ありました。また、中京区などの都心部では1996年に行った調査と比べ約2割減少していることが分かりました。

老朽化や住人の高齢化が主な理由とみていて、京都市は調査結果をデータベース化して保存、再生の仕組みや政策に反映させると言われています。

京町家に住む所有者の多くは高齢者です。高齢者65歳以上だけの世帯は35%を超え、子供たちは別の場所に移り住んでいることが多いです。

そのため、相続が発生した際に次世代に現状のまま引き渡すことが出来るかが課題となっています。所有者の36%が出来る限り残したいとの思いを持つ一方で、相続税の負担や維持改修費用などの問題点を懸念する声も多くあがっています。

最近では若者たちが空いた京町家をホテルやカフェとして再生させている事例が多くあります。