京町家・京町家を改装したおすすめの物件紹介

京町家・京町家を改装したおすすめの物件紹介

京都 散策

今話題の京町家

最近、日本文化や和風建築に興味のある人達のあいだで「京町家」が話題となっています。京町家とは、京都の伝統的な建築様式で建てられた建物のことです。

そんな京町家ですが、不動産としての価値が高まってきており、多数の物件が売りに出されています。おすすめの物件について紹介していきます。

省デザインの家 sumica

「省デザインの家 sumica」は、京都市下京区にある京町家です。
省デザインという名前の通り、デザインしないという方針を取っており、気取りすぎない町家となっています。

コンセプトは「風と光」に焦点を当てた等身大の家で、家族だんらんの光景が見えてくるような清々しい雰囲気の家となっています。

改装が少ないので、もともとの町家の伝統的な空気を感じることができます。
もちろんその分価格もお手頃なので、多少不便でも昔ながらの家で暮らしたいという方にはおすすめです。

福稲 彩灰の家

「福稲 彩灰の家」は、詩的な名前が表す通り灰色を中心に使った落ち着きのある雰囲気のデザインが特徴です。

キッチンの床にはコンクリート風のタイルを用い、フローリングには繊細な木目をたたえる無垢板を、玄関には天然石を用い、重厚感のある家を形成しています。

広々としたテラスや畳敷きのロフトなどもあり、京町家のよさを生かしながらモダンにリノベーションしています。鴨川沿いに位置していて、東福寺が徒歩で行ける距離にあります。

千本今出川の家

「千本今出川の家」は、京都市上京区元誓願寺通千本東入元四丁目に位置する伝統的な建物です。
千本今出川とその周辺は、古くから「西陣」と言われていた地域です。
西陣織などの有名な京都の財産が息づく土地でもあります。

格調高い老舗や、京町家をリノベーションした建物も多くあります。北野天満宮や晴明神社も近いので、神社仏閣に興味がある方にぜひおすすめしたい物件です。

元々は着物を販売していたお店兼居住区だったこともあり、当時の設備がほぼそのまま残っている状態です。
普通に暮らすと言うよりは、なにか商売をする方などに向いている物件です。

黒の町家

「黒の町家」は、五条西洞院のすぐ近くにある町家です。
インテリアデザイナー小島 悠がプロデュースした町家で、黒を基調としたスタイリッシュな雰囲気の漂う比較的現代風の建物です。

乗車時間一分で京都駅に辿り着ける五条駅が徒歩圏内にあるので、立地もなかなかです。大阪方面への移動も便利なので、京都だけでなく大阪でも活動する方にはオススメしたい物件です。