町屋リノベーション

町屋リノベーション

京町家から外を望むイメージ
今も京都の街を歩くと、そこかしこに見ることのできる京町屋。
「うなぎの寝床」と呼ばれる間口が狭く、奥行きの深い構造や虫籠窓、犬矢来といった窓や垣根、通り庭や坪庭といった庭などが特徴です。

残念ながら近年は生活様式の変化や建物自体の老朽化、相続の問題などにより昔ながらの京町屋は取り壊されてしまうケースが多く、保存の困難さが問題となっています。

そんな京町屋ですが、近年、京町屋の特徴はそのまま活かしつつ、現代の生活に合うようにリノベーションされ、宿泊施設やレストラン、店舗として活用されるようになってきました。

伝統的な京町屋をリノベーションした宿泊施設やレストランは、外国人観光客をはじめとした観光客が気軽に京町屋の文化に触れる事ができる施設として人気があります。

もちろん宿泊施設やレストランとしてだけでなく、京町屋は住まいとしても活用されており、古い京町屋をリノベーションした賃貸物件や分譲物件も数多く存在しています。

自分好みに京町屋をリノベーションしたい!という方は京町家の売買を取り扱っている不動産業者もありますので、インターネット等で興味のある物件を検索して、問い合わせてみては如何でしょうか?

オシャレなカフェにリノベーション

京町家を利用したカフェでお茶とお菓子を頂くイメージ
最近では町屋をオシャレなカフェにリノベーションする例も増えています。大学生や20代〜30代の若い女性に特に人気があります。オリジナルメニューを提供する店も増え、他のカフェとの差別化を図っており今後も増えていく見込みです。

町屋宿泊施設も大人気

京町家宿泊施設イメージ
年々外国人旅行客が増えている京都では、町屋を宿泊施設にリノベーションした宿が大人気です。日本人のみならず、日本の昔ながらの雰囲気や伝統を味わいたいという外国人が数多く訪れています。
伝統的でありながら古臭さを感じさせない内装と、日本ならではのおもてなしで外国人観光客から好評を得ているようです。