二棟並びを活かしたデザイン町家「映月」が東山エリアにオープン。〜抜群のロケーションで一日一組限定の一棟貸し。人気のパワースポット、平安神宮まで徒歩10分〜

二棟並びを活かしたデザイン町家「映月」が東山エリアにオープン。〜抜群のロケーションで一日一組限定の一棟貸し。人気のパワースポット、平安神宮まで徒歩10分〜

東山駅から徒歩2分、三条駅から徒歩6分、日本文化を大切にしたい想いから生まれた京町家「映月」が新たにスタートする。

「映月」は職人たちの技がふんだんに盛り込まれた二棟並びのデザイン町家で、東館と西館の二つの宿泊棟で構成されており、東館は「日本の伝統とシノワズリ」、西館「大正浪漫とアール・ヌーヴォー」と異なるコンセプトのもとリノベーションした。

北には人気パワースポットの平安神宮、西の白川をめぐれば、祇園。東には浄土宗の総本山、知恩院、南は彼の有名な八坂神社。すべてが徒歩圏なだけでなく、駅近であるため嵐山や宇治方面、また、伏見稲荷や大阪・奈良方面へのアクセスにも優れており、どこへ行くにも便利な場所に位置する。

一日一組限定で4名まで宿泊が可能。「二人で贅沢なひとときを過ごす」「家族や友人同士のグループで快適に過ごす」このどちらにも適応できる広々とした空間が備わっている。また、棟合わせれば8名まで宿泊が可能となっており、二棟の異なる意匠を堪能することができる。

エアコンや浴室、システムキッチンなどは最新の設備を設置し、長期滞在に必要なコインランドリーやコンビニエンスストアなどが徒歩1分以内にあり不自由なく利用できる条件が整っている。

職人たちの手がけた無垢の木や自然塗料にこだわった内装のデザインや、海外生活を経たオーナーが探し集めた明治から昭和初期に製作された意匠に重きを置いた蔵戸や古建具など、古から現代に続く日本の伝統が広がる空間を直に体感できる。さらに古建具やアンティーク照明へのこだわりは町家らしさを残しながらも、都会的でヴィンテージな雰囲気を感じさせ、アンビバレンツな空間も同時に楽しむことができるよう設計されている。

2人1棟で、1泊料金は1人、3万1000円から。